Google Search Consoleの登録方法と使い方を伝授【図解付き】

上昇中のグラフ

こんにちは、アツムラです。本日は、Googleさんが提供しているツール『Google Search Console(サーチコンソール)』の登録方法と初心者におすすめの使い方をご紹介していきますね。

 

アフィリエイトを始めたばかりの時って、色々なツールがあるから、登録するだけでも一苦労ですよね。。

ただ、このサーチコンソールというツールはアフィリエイトをやっている方であれば、ぜひ登録していただきたい無料ツールの一つです。

 

このサーチコンソールでは、

 

  • インデックスの速度アップ
  • アクセスの解析
  • サイトの改善

 

などが主にできるので、ぜひ今のうちに登録しておきましょう。

それでは、まずは登録方法を画像で分かりやすく手順にしたので、順番に確認していきましょう。

サーチコンソールの登録方法【初心者でも分かる】

 

このサーチコンソールは私が登録した時は、名前が違っていて、『Googleウェブマスターツール』という名称だったんです。

2015年5月20日に名称だけ変わって、『Google Search Console』通称、『サーチコンソール』となりました。

以前に私への質問として、「サーチコンソールとウェブマスターツールって何が違うの??」といった質問をいただいておりましたが、「この2つは一緒のツールで、現在は『サーチコンソール』が正式名称です♪」と回答しています。

 

では、ここからは実際に登録方法を画像で解説していきます。

 

1、Googleのアカウントからログインしよう

まずは、Googleサーチコンソールのリンクに入って、Googleのアカウント(Gmailなど)でログインします。

サーチコンソール登録方法01

 

2、自分のサイトのURLを入力しよう

ログインしたら、右上に『プロパティを追加』があるので、クリックします。

 

サーチコンソール登録方法02

 

 

クリックをすると、サイトURLを入力する項目に移動するので、登録したいあなたのURL(サイト)を入力して、下の青い追加ボタンをクリックします。

※例として、『http://〇〇〇〇.com/』や『http://〇〇〇〇.net/』などのURLです。

 

サーチコンソール登録方法03

 

3、HTMLタグを取得しよう

 

URLを入力したら、下の画像のページに移動します。ページの上の『おすすめの方法』と『別の方法』を選択できるようになっているので、『別の方法』をクリックします。

 

サーチコンソール登録方法04

 

すると、一番上に『HTMLタグ』とあるので、その左のラジオボタンをクリックします。

サーチコンソール登録方法05

 

ラジオボタンをクリックすると、HTMLタグがグレーの枠に出てきます。その『<meta name= 』から始まるHTMLタグをクリックしてコピーします。

サーチコンソール登録方法05

 

4、ワードプレスにHTMLタグを貼りましょう

 

あなたのワードプレスにログインをして、ダッシュボードの中の『外観』⇒『テーマの編集』と進んでいきます。

右のメニューを確認すると、『ヘッダー(header.php)』があるので、クリックします。

 

サーチコンソール登録方法06

 

その『ヘッダー(header.php)』のソース(HTMLコード)の中から、『</head>』を探します。

※Ctr(コントロールキー)+Fの検索で、</head>を入力すると、すぐに見つかりますよ。(Macintoshの場合には、command+Fで検索しましょう。)

 

『</head>』が見つかったら、下の画像のように、先ほどコピーした、HTMLタグを『</head>』の真上に貼り付けましょう。

貼り付けたら、下の『ファイルを更新』をクリックして、更新するのを忘れないでくださいね。

 

サーチコンソール登録方法07 サーチコンソール登録方法08

 

 

5、「確認」と「続行」をクリックすれば無事に登録完了です

 

ワードプレスにHTMLタグを貼り付けたら、サーチコンソールの先ほどの画面に戻ります。

下の方に赤枠で囲まれた『確認』という文字があるので、クリックします。

 

サーチコンソール登録方法09

下記の画像のように、『http://〇〇〇〇.com/(登録したサイトURL)の所有権が確認されました。』と出れば、OKです。

 

サーチコンソール登録方法10

最後に上記赤枠の『続行』をクリックすれば、登録完了です。

お疲れ様でした d(⌒ー⌒) グッ!!

 

サーチコンソールでインデックス速度を上げよう

 

ブログやサイトを開設した当初は、Googleのクローラーが自分のサイトになかなか巡回してくれないので、せっかく作成したサイトやサイトの記事を公開しても、検索エンジンにインデックスされません。(検索しても露出されないと悲しいですよね。。)

 

しかし、このサーチコンソールの機能を使うことによって、いち早く検索エンジンにインデックスさせることができるため、この機能は特にサイト開設当初に使っておくとサイト評価が早まるきっかけになるので、使わない手はないでしょう。

 

※上記内容を簡単に説明するなら、サーチコンソールの機能を使って、クローラーに「お~い、新しいページを公開したから、検索エンジンにインデックスして~~♪」とお願いするという事になります。

 

では、新しいページを公開した際に、インデックスをスムーズにさせることができる『Fetch as Google』の機能をご紹介します。

Fetch as Googleの使い方

 

1、サーチコンソールのFetch as Googleをクリックしよう

まずは、左のメニューの『クロール』をクリックします。

 

Fetch as Googleの登録方法01

そして、『Fetch as Google』がお目見えするので、クリックしましょう。

 

Fetch as Googleの登録方法02

 

 

2、URLを登録しよう

 

URLを入力するページに移動するので、「http://〇〇〇〇.com/」以降のURLを入力します。

Fetch as Googleの登録方法03

 

入力したら、その横に『PC』と出ています。その状態のまま、その横の赤枠の『取得』をクリックします。

Fetch as Googleの登録方法04

次に先ほど『PC』であった箇所をクリックすると、『モバイル:スマートフォン』を選択できるので、その状態で同じく赤枠の取得をクリックしましょう。

Fetch as Googleの登録方法05

すると、下に『インデックス登録をリクエスト』と出ますので、『PC』『モバイル:スマートフォン』それぞれクリックします。

Fetch as Googleの登録方法06

 

Fetch as Googleの登録方法07

 

 

3、最後に対象のURLを送信しよう

 

下の画面が出てくるので、『➀私はロボットではありません。』⇒『➁このURLのみをクロールする(ラジオボタン)』⇒『➂送信』の順番にクリックしていきましょう。

Fetch as Googleの登録方法08

 

送信が正しくできたら、下のように『インデックス登録をリクエスト済み』と出れば、登録完了です。

お疲れ様でした d(⌒ー⌒) グッ!!

Fetch as Googleの登録方法09

 

 

 

これで、あなたの公開したサイトにクローラーが巡回してくれるので、いち早くインデックスされるようになります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はサーチコンソールの登録方法をご紹介してきましたが、無事に登録できましたか?

今回お伝えした以外のサーチコンソールの使い方に関しては下記のリンクにて確認することができますよ。

⇒ ウェブサイトで Search Console を使用する

 

またGoogleが提供している無料のツールはこの他にも様々なものがありますが、無料であれば、ぜひ積極的に活用して、サイトの向上やアクセス解析などに利用しましょうね。

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

※今回の記事を見た方は、下の記事がおすすめです。ぜひ、クリックして確認してみてくださいね。
⇒ Gmailアカウントの削除方法!どこよりも分かりやすく解説!
⇒ Gmailのアカウントを新規作成する方法【初心者でも簡単♪】

この記事がお役に立てたのであれば幸いです♪

人気ブログランキングに参加中です!

今回の記事がよかったら、ぜひ下のパンダさんをクリックお願いします♪


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です